オンライン英会話の生徒数・ユーザー数

今やオンライン英会話業界は急成長しており、英語学習の方法としては通学型の英会話スクールよりもオンライン英会話の方が圧倒的に主流となりました。

そこで、どのくらいの生徒数が在籍しているのか気になるという方はいらっしゃるはずです。

オンライン英会話を受講している全体のユーザー数といった明確なデータは出ていないものの、多くの生徒が様々なスクールでレッスンを受けているという点では変わりありません。

大手のオンライン英会話では「低価格」「高品質」「利便性」という3つをモットーとしており、着実に生徒数を伸ばして今や25万人を超えるとも言われています。

そして、あまり名の知れないオンライン英会話でも1万人を超えるユーザー数が登録しており、着実に生徒数を増やしているのは事実なのです。

確かに、通学型の英会話スクールと比べてオンライン英会話は自宅で受講できるので遥かに利便性は高いですし、1レッスン当たり100円から200円という料金設定は非常に魅力的なのではないでしょうか。

スクールの料金プランによっては、1レッスン当たり100円を切るところもあり、「英語の勉強をするには高い費用がかかる」という概念を取っ払ってくれたのがこのオンライン英会話なのです。

数多くのオンライン英会話の中でも、在籍している生徒数が最大と言われているのがレアジョブで、言わずと知れた大手のスクールとなっています。

生徒数の上昇に合わせて、講師の数を増やしたりサービスの見直しを行ったりと、より良いオンライン英会話へと変化しているので、レアジョブで英語の学習を始めてみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、オンライン英会話が流行したのは基本的に1対1のマンツーマンレッスンが実施されているからで、ユーザー数が増加した大きな理由だと考えられます。

従来の通学型の英会話スクールのように、複数の生徒で受講するシステムではありません。

もちろん、スクールによっては2名から4名といった生徒数で1クラスを作り、グループレッスンを受けていくオンライン英会話はあります。

それでも、主流となっている授業のシステムはマンツーマンレッスンで、自分のペースに合わせて英語の学習を続けられるのです。

講師は自分一人だけを見てくれるので、分からないところを気軽に質問したり、自分の要望通りのレッスンを提供してくれたりと、様々なメリットがあります。

このマンツーマンレッスンでも格安の費用で受講できるからこそ、今でもオンライン英会話の生徒数は上昇を続けているというわけです。

コストの面でもインフラストラクチャの面でも、1億総オンライン英会話時代が来ても不思議ではありませんし、これからの変貌にも期待できるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました