オンライン英会話の回線

kaisen

光回線が普及したことによって以前と比べて通信の品質は向上し、多くのオンライン英会話スクールでも導入しています。

しかし、オンライン英会話の多くはフィリピン人を講師として採用しており、フィリピンは日本と比べてインフラが整っていないため、台風といった天候の影響に品質が左右されやすいのです。

頻繁にトラブルが引き起こされるというわけではありませんが、インターネット回線に異常が生じ、音声に乱れが生じたりスカイプでの通話が途切れたりするケースがあります。

自分が使用しているネット回線によっても左右されるものの、1レッスン中に1回程度は「ちょっと声が遠いかな」「あれ?上手く聞こえないな」と感じることがあるかもしれません。

スカイプは有料のサービスではなく無料で誰でも使えるソフトなので、回線が100%安定しているわけではないのです。

このような説明を受けると、「オンライン英会話で快適にレッスンを受けられないのではないか」と不安を抱える生徒は多いのではないでしょうか。

それでも、スクール側もこの点はしっかりと把握しており、専用のオフィスに最新の光回線を導入して生徒が快適に受講できるような環境を作ってくれています。

それに、一昔前と比べてスカイプもアップデートを繰り返しており、格段に性能がアップしているので、レッスン中にトラブルが頻発するという事態に陥ることはないはずです。

当サイトでご紹介しているラングリッチではオフィスから講師がレッスンを提供しており、全て高速回線化されています。

Webカメラを使ったビデオレッスンを受けても、クリアな音質で英語の学習を楽しめるはずなので、一度ラングリッチの無料体験でその品質の高さを確認してみてください。
 

 
さて、基本的に専用のオフィスを設けているオンライン英会話であれば、最新のネット回線を引いていることが多く、快適な環境で英語の学習を続けられます。

全てのオンライン英会話でオフィスからのレッスンが提供されているわけではなく、中には講師が自宅からレッスンを教えているスクールもあるのです。

在宅制のオンライン英会話の場合、当然のように講師の自宅のネット環境に依存しやすく、オフィス勤務のスクールと比較すると音質に乱れが生じるといったトラブルが引き起こされやすいかもしれません。

講師がオフィス勤務のオンライン英会話でも、回線を1つしか用意していないスクールよりも、常備2つを用意しているスクールの方がクオリティは高くなります。

もちろん、講師の環境だけではなく自分のネット環境も整える努力が必要で、光回線を引いたり性能の良いマイク付きヘッドフォンを購入したりという対策も行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました