オンライン英会話とキャンセル

多くのオンライン英会話ではレッスンの事前予約システムが取り入れられており、マイページにログインしてお好きな時間と講師を選択して予約をします。

そのため、もし授業が始まる前にレッスンが受けられないと分かったら、早めにキャンセル処理を行わなければなりません。

キャンセルのシステムに関しての規定はオンライン英会話によって異なり、「授業が始まる15分前まで」「授業が始まる1時間前まで」「前日の18時まで」と決まっています。

キャンセル処理を忘れるとレッスンを受けたと見なされ、1レッスンが無駄になってしまうため、スクールの規定に従ってキャンセル処理を行う必要があるのです。

お仕事が忙しくて自分のスケジュールが決まっていないという方は、急なキャンセルに対応できるようなオンライン英会話を選んだ方が良いのではないでしょうか。

授業が始まる数十分前までキャンセル処理ができるオンライン英会話であれば、レッスンを無駄にせずに英語の学習を長期間に渡って続けられます。

逆に、キャンセル処理の融通が利かないオンライン英会話に入会すると、損をしてしまう可能性が高いので注意しなければならないのです。

オンライン英会話の予約やキャンセルの規定に関しては、スクールの公式サイトの「良くある質問」という項目で説明されています。

どのスクールでも基本的に予約とキャンセルの両方を行わなければならないので、事前に把握しておかなければなりません。

当サイトでご紹介している大手のオンライン英会話のレアジョブでは、授業が始まる30分前までキャンセルが可能です。

多くのスクールの中でも融通の利くシステムが取り入れられているので、お忙しい方も英語学習を行うオンライン英会話として利用してみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、「オンライン英会話のレッスンをキャンセルせずに休んでしまったらどうなるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、レッスンを予約していたことを忘れてしまい、キャンセル処理を行わずに無断欠席をしてしまうことはあるはずです。

しかし、原則的にキャンセル処理を忘れたことによるペナルティは、オンライン英会話では特に設定されておりません。

もちろん、当然のように1レッスン分は損をしますし、規定時間外でのキャンセルや無断欠席は授業を受けたと見なされてしまいます。

つまり、「1日に1回の料金プラン」に在籍している生徒はその日はレッスンを受けられませんし、「1ヶ月に10回の料金プラン」に在籍している生徒も同じように1回分が消費されるのです。

ただし、レッスンを予約して授業を受けないといった行為が続き、オンライン英会話の事務局があまりにも悪質だと判断した場合は登録抹消の可能性もあるので十分に注意しましょう。

急に予定が入ってレッスンを受けられないのは仕方ありませんが、なるべく時間内にキャンセルを行うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました