【口コミや評判まとめ!】English Sourceのメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!

English Source(イングリッシュソース)の基本情報

English Source(イングリッシュソース)

※横にスクロールできます。

English Source(イングリッシュソース)の基本情報
スクール名 English Source(イングリッシュソース)
運営会社 Asia Stars
本社の郵便番号 不明
本社の住所 不明
スクール開校日 2008年6月
料金プラン <月額定額コース>
平日毎日:月額5,000円
<ポイントコース>
4レッスン:2,400円
8レッスン:4,800円
16レッスン:9,600円
1レッスンの最安値 25分間で250円~
レッスン時間 1回当たり25分間
使用ソフト Skype(スカイプ)
開講時間 毎日10時~23時
講師の国籍 フィリピン人講師
講師の人数 18名
教材費 市販教材使用時は自費負担
ビジネス英語対策
TOEIC対策
TOEFL対策
IELTS対策
子供英会話
カランメソッド
レッスンの予約 授業が始まる3時間前まで
レッスンのキャンセル 授業が始まる6時間前まで
無料体験 25分間のレッスン×1回
総合評価 ★★☆☆☆

English Source(イングリッシュソース)は、フィリピン人の講師が在籍しているオーソドックスなオンライン英会話です。

2008年の6月から運営を続けている老舗で、安定したレッスンを提供できるシステムが整っていますよ。

「講師がオフィス勤務のオンライン英会話に入会したい」「TOEFLやIELTSの対策レッスンを受けたい」という方にEnglish Source(イングリッシュソース)はおすすめ!

この記事ではEnglish Source(イングリッシュソース)のメリットやデメリット、受講生の口コミや評判を紹介していきます。

参考 English Source(イングリッシュソース)の公式サイトはこちら

English Source(イングリッシュソース)で英語を学習する5つのメリットを徹底解説!

English Source(イングリッシュソース)は上記の5つのメリットを持ち合わせているオンライン英会話です。

英語の学習を始めたばかりの初心者から試験対策のレッスンを受けたい上級者まで、幅広いレベルの方から愛されています。

2008年の6月に開校してから、約10,000名の生徒に利用されているのはEnglish Source(イングリッシュソース)が人気の何よりの証拠ですね。

まずはEnglish Source(イングリッシュソース)の強みから詳しく見ていきましょう。

1:月額定額コースとポイントコースから選べる!

※横にスクロールできます。

English Sourceの料金プラン!
月額定額コース 5,000円から平日毎日レッスンを受けられる
ポイントコース 2,400円からすぐに英会話を始められる

English Source(イングリッシュソース)の料金プランは、月額定額コースとポイントコースの2種類です。

月額制とポイント制の両方を取り入れている珍しいオンライン英会話になっています。

※ポイント制のオンライン英会話のメリットはこちら!

【8社徹底比較!】ポイント制の料金プランのおすすめオンライン英会話5選!
オンライン英会話の中には、ポイント制の料金プランを採用しているスクールがあります。最初に一定数のポイントを購入し、講師に振り分けてレッスンを受講する仕組みです。ここではポイント制のオンライン英会話8社を徹底比較していますので、スクール選びで迷っている方は参考にしてみてください。

ガッツリとレッスンを受けたいなら月額定額コース、たまにしか受講できないならポイントコースがおすすめですよ。

2:全ての講師がオフィスからレッスンを提供!

イングリッシュソースの講師

オンライン英会話は、講師が在宅のスクールとオフィス勤務のスクールの2つに大きくわけられます。

English Source(イングリッシュソース)は、全ての講師が専用のオフィスからレッスンを提供!

ネットワークは2重化されていますので、在宅講師のように通信環境が脆弱という心配はありません。

※講師がオフィス勤務のオンライン英会話スクールはこちら!

【8社徹底比較!】講師がオフィス勤務のオンライン英会話おすすめ5選!
オンライン英会話の講師は、在宅勤務とオフィス勤務の2種類にわけられます。講師がオフィス勤務のオンライン英会話は、光回線の完備で通信環境が安定しているのがメリット!スクール選びで迷っている方はこちらのページを参考にしてみてください。

また、English Source(イングリッシュソース)のフィリピン人講師は全員が学位を保持しています。

英語やコミュニケーション分野での学位保持者とマンツーマンレッスンを受講できるのは、English Source(イングリッシュソース)の大きなメリットですね。

3:初心者への英語学習相談を実施!

English Sourceの初心者への英語学習相談!
  • 東京の新宿で英語の勉強方法に関するサポートを実施している
  • 代表が英文法を解説したり暗記の方法を教えてくれたりする
  • 1,000円と教材費を支払うだけで誰でも気軽に参加できる

「どうやって英語を勉強すれば良いの?」「英語の学習は何から始めれば良いの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

そのような初心者のために、English Source(イングリッシュソース)は英語学習相談を実施しています。

英語の勉強のやり方や暗記の方法をサポートしてくれますので、何をすべきかわからない方におすすめです。

英語学習相談の詳細に関しては、English Source(イングリッシュソース)のお問い合わせページから必要事項を入力して送信しましょう。

イングリッシュソースへの問い合わせ

イングリッシュソースへの問い合わせ

担当者と日程について相談し、英語学習相談を受ける形になります。

4:TOEFLやIELTSの対策レッスンに力を入れている!

英語の代表的な試験
TOEIC 就職活動や転職活動で役立つ
TOEFL 海外の大学の入学で役立つ
IELTS 大学留学や海外移住で役立つ

英語の試験は、「TOEIC」「TOEFL」「IELTS」が代表的です。

English Source(イングリッシュソース)では、特にTOEFLやIELTSの試験対策に力を入れていますよ。

流暢さと一貫性(Fluency and Coherence)や文法の知識と精度(Grammatical Range and Accuracy)を中心に、フィリピン人講師と学ぶ形です。

TOEFLやIELTSのスコアアップを目指している方は、English Source(イングリッシュソース)に入会しましょう。

※TOEFLやIELTSの対策レッスンを受けられるオンライン英会話はこちら!

【10社徹底比較!】TOEFL対策におすすめのオンライン英会話5選!
TOEFLは海外への留学や大学入試で活用できる英語の試験です。オンライン英会話の中には、TOEFL専用のカリキュラムで学べるスクールがありますよ。TOEFLのスコアアップを目指している方は、こちらのページで紹介しているオンライン英会話に入会してみましょう。
【10社徹底比較!】IELTS対策におすすめのオンライン英会話5選!
海外の大学への留学や移住ではIELTSのスコアが欠かせません。オンライン英会話の中には、IELTS対策に特化したカリキュラムに沿って受講できるスクールあり!IELTSで高得点を取りたい方のために、おすすめのオンライン英会話を5つ紹介していきます。

5:フィリピン留学に関する相談ができる!

フィリピン留学

English Source(イングリッシュソース)では、フィリピン留学に関する相談ができます。

オンライン英会話ではなく、語学留学で現地に出向いて英語を学ぶのは選択肢の一つです。

「自分に語学留学は向いているの?」「どのスクールを選べば良いの?」と迷っている方は、English Source(イングリッシュソース)に相談してみてください。

English Source(イングリッシュソース)で英語を学習する4つのデメリット…

他のオンライン英会話と比較してみると、English Source(イングリッシュソース)には上記の4つのデメリットあり…。

English Source(イングリッシュソース)の有料会員に入会する前に、良くない部分をしっかりと確認しておきましょう。

1:レッスン1回当たりの料金が高い…

※横にスクロールできます。

レッスンの回数 ポイント数 支払い金額 レッスン単価
4レッスン 4ポイント 2,400円 1回当たり600円
8レッスン 8ポイント 4,800円 1回当たり600円
16レッスン 16ポイント 9,600円 1回当たり600円

English Source(イングリッシュソース)のポイントコースは、レッスン1回当たりの料金が高めです。

どのプランを選んでも、25分間のレッスン1回で600円を支払わないといけません。

そこで、料金の安さでオンライン英会話を比較するなら、English Source(イングリッシュソース)ではなくDMM英会話がおすすめ!

DMM英会話では、1レッスン当たり163円~と格安です。

初心者から上級者まで幅広いレベルの方が利用していますので、まずはDMM英会話で無料体験レッスンを受けてみてください。

DMM英会話の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】DMM英会話のメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
DMM英会話は16の項目でNo.1に輝いている大手のオンライン英会話です。小さなお子さんから高齢者まで幅広い年齢やレベルの方が英語学習で利用しています。ここではDMM英会話のメリットやデメリット、無料体験の流れや口コミの評判を詳しくまとめました。

2:在籍している講師の人数が少ない…

English Source(イングリッシュソース)には、18名のフィリピン人講師が在籍しています。

大手のオンライン英会話と比べてみると、English Source(イングリッシュソース)の講師の人数はかなり少ないですね。

講師の人数が少ないスクールでは、自分と相性の合う先生を見つけられないかもしれません。

外国人講師は大いに越したことはありませんので、11,000名以上の講師が在籍しているNativeCamp(ネイティブキャンプ)を選びましょう。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】ネイティブキャンプのメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
NativeCamp(ネイティブキャンプ)は無制限レッスンOKのオンライン英会話!月額6,480円で何回でもマンツーマンレッスンを受けられます。ここではネイティブキャンプのメリットやデメリット、受講生の口コミや評判についてまとめました。

3:レッスンの開講時間が短い…

現在では、24時間に渡ってレッスンを受けられるオンライン英会話が増えました。

しかし、English Source(イングリッシュソース)は10時~23時までと開講時間が短め…。

更にレッスンは月曜日~土曜日までで、日曜日に受講することはできません。

「早朝レッスンを受けたい」「日曜日にまとめて受講したい」という方にEnglish Source(イングリッシュソース)は不向きです。

4:レッスンの予約やキャンセルのシステムが厳しい…

※横にスクロールできます。

English Sourceの予約やキャンセルのシステム!
レッスンの予約 授業が始まる3時間前まで
レッスンのキャンセル 授業が始まる6時間前まで

上記の表を見ればわかる通り、English Source(イングリッシュソース)はレッスンの予約やキャンセルのシステムが厳しめです。

直前レッスンや直前キャンセルには対応していません。

English Source(イングリッシュソース)で授業開始6時間以内にキャンセルすると、ポイントが消化扱いになりますので注意してください。

English Source(イングリッシュソース)で無料体験を受けるまでの流れを徹底解説!

English Source(イングリッシュソース)では、有料プランに入会する前に25分間×1回の無料体験を受けられます。

更に会員登録でスクール代表の書籍(Kindle版)をメール添付でもらえますのでお得ですね。

以下では、English Source(イングリッシュソース)で無料体験を受けるまでの流れを画像付きでまとめました。

 

①English Source(イングリッシュソース)の公式サイトにアクセスし、上部メニューの「無料レッスン」を押す

English Sourceの無料体験の流れ

 

②「名前」「アルファベット」「スカイプアカウント」「メールアドレス」「無料レッスン希望日時」を入力する

English Sourceの無料体験の流れ

 

③入力した情報に間違いがなければ、「送信」をクリックして完了

English Sourceの無料体験の流れ

 

公式サイトで申し込みが完了すると、English Source(イングリッシュソース)からメールが届きます。

ログイン情報や無料レッスンに関する説明が記載されていますので、忘れずに目を通しておきましょう。

English Source(イングリッシュソース)の口コミや評判まとめ!

English Source(イングリッシュソース)の口コミや評判

このページでは、English Source(イングリッシュソース)の受講生の口コミや評判の情報を紹介していきます。

English Source(イングリッシュソース)の良い口コミや評判

Impact TopicsやPeople Like Usなど使用できる教材が多いのが良いですね。English Sourceなら安心して日常会話を学べます。

English Source(イングリッシュソース)のフィリピン留学相談で、現地で英語を勉強することを決意しました。やっぱり周りが英語を話す環境に身を置くのは効果的だと思います。

1週間に5回のペースでレッスンを受けたい生徒にピッタリのスクールです。僕には丁度良い頻度だと感じました。

講師の質は高く、フリートークでもテキストレッスンでもきちんと学べます。English Source(イングリッシュソース)のお陰でTOEICのスコアが100点アップしました。

English Source(イングリッシュソース)の悪い口コミや評判

レッスンの音質が少し悪いのでインフラが整っていないのかもしれません。音声トラブルが多いのは他のスクールにも当てはまりますが…。

レッスンの予約の締め切りはないのですが、いくら何でも講師の数が少なすぎます。English Source(イングリッシュソース)はもう講師の人数を増やす予定はないのかもしれません。

チケットの購入枚数を増やしても割引されないシステムは何とかして欲しいと思いました。1レッスンで600円はちょっと高すぎます。

オリジナルテキストも市販教材も費用が発生するのがデメリットです。そろそろEnglish Sourceから乗り換えようかな…。

まとめ

English Source(イングリッシュソース)のメリットやデメリット、無料体験の流れについておわかり頂けましたか?

経験豊富なフィリピン人講師と英語を学びたい方にEnglish Source(イングリッシュソース)は向いています。

TOEFLやIELTSの対策レッスンにも力を入れていますので、興味をお持ちの方は一度無料体験を受けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました