レアジョブ英会話をスマホアプリ(iPhone・Android)で受ける際の4つの注意点を徹底解説!

レアジョブ英会話のレッスンルームはスマホの使用OK!

スマホ

レアジョブ英会話では、独自の受講システムのレッスンルーム(Lesson Room)が使えます。

Skype(スカイプ)だけではなく、Webブラウザ上で音声や映像などをリアルタイムにやり取りできる通信規格のWebRTC技術を採用しました。

レアジョブ英会話のレッスンルーム

レアジョブ英会話のレッスンルーム

レアジョブ英会話のレッスンルームは、スマートフォン(iPhone・Android)の使用OK!

あらかじめアプリをダウンロードすればスマホ1台でマンツーマン英会話を楽しめるわけですね。

ここでは、レアジョブ英会話のスマホアプリのバージョンを紹介していきます。

レアジョブ英会話のスマホアプリのバージョン!
Androidアプリ ver1.4.0以上
iPhoneアプリ ver1.5.0以上

もちろん、オンライン英会話のレッスンを受けるに当たってイヤホンやヘッドセットといったアイテムは欠かせません。

しかし、レアジョブ英会話はパソコンをお持ちでなくても、iPhoneやAndroidのスマホで受講できますので安心です。

参考 レアジョブ英会話のレッスンルームを使ったレッスンの流れ

レアジョブ英会話をスマホアプリ(iPhone・Android)で受ける際の4つの注意点…

注意点

1台のスマートフォンさえ持っていれば、場所を選ばずにレアジョブ英会話のレッスンを受けられます。

これはとても便利ですが、レアジョブ英会話をスマホアプリ(iPhone・Android)で受講するに当たって上記の4つの注意点あり…。

パソコンとは違ったデメリットがありますので、スマートフォンを使う前にしっかりと確認しておきましょう。

1:Skype(スカイプ)だとテキストの表示がしにくい…

Skype(スカイプ)

※横にスクロールできます。

レアジョブ英会話のレッスンソフト
レッスンルーム 画面レイアウトをオンライン英会話の受講に最適化した独自システム
Skype(スカイプ) 無料で通話ができるマイクロソフト社のコミュニケーションツール

レアジョブ英会話のレッスンで使うソフトは、独自のレッスンルームとマイクロソフト社のSkype(スカイプ)です。

お使いのスマホ(iPhone・Android)にSkype(スカイプ)をインストールし、レッスンを受けている方は少なくありません。

しかし、Skype(スカイプ)でレアジョブ英会話を受講すると、テキストの表示がしづらいのがデメリット…。

スマホの画面に映し出されるのは講師の顔だけですので、テキスト教材を見ながらレッスンを受けるのは難しいですよ。

レアジョブ英会話のレッスンルームを使い、音声トラブルに見舞われている方はいました。

レッスン中にSkype(スカイプ)に切り替えるケースはありますので、スマホメインよりもパソコンの方が良いかもしれません。

レアジョブ英会話の公式サイトはこちら

【口コミや評判まとめ!】レアジョブ英会話のメリット・デメリット、無料体験の流れを全解説!
レアジョブ英会話はオンライン英会話業界No.1のスクールです。今までに利用したことのある累計会員数は90万人を超えていますよ。この記事ではレアジョブ英会話のメリットやデメリット、受講生の口コミや評判を中心に詳しくまとめました。

2:教材画面とコメントの切り替えが面倒…

レアジョブアプリ

パソコンでレアジョブ英会話のレッスンを受けると、「講師の顔」「自分の顔」「コメント欄」「テキスト」が一つの画面に表示されます。

一方でスマホアプリでは、どちらか片方しか画面に表示させることができません。

つまり、教材画面とコメントの切り替えがとても面倒ですので、レッスンに集中できなくなります。

これがどうしても嫌なら事前に教材を印刷してレッスンに臨むのが良いのですが、毎回印刷するのは手間がかかると心得ておきましょう。

3:Wi-Fi環境下でないとデータ容量が圧迫される…

Wi-Fi

スマホアプリ(iPhone・Android)でレアジョブ英会話のレッスンを受けるのであれば、Wi-Fi環境は欠かせません。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)を例に挙げてみると、スマホアプリとパソコンでの受講では次のデータ通信量が発生します。

※横にスクロールできます。

データ通信量 音声通話(音声のやり取りのみ) ビデオ通話(ビデオチャットあり)
スマホアプリ 1レッスン(25分)で20MB 1レッスン(25分)で100MB
パソコン 1レッスン(25分)で200MB 1レッスン(25分)で300MB

レアジョブ英会話のレッスンでも、これくらいのデータ通信量を消費する点では一緒ですね。

※ネイティブキャンプのレッスンで消費するデータ通信量はこちら!

ネイティブキャンプのレッスンで消費するデータ通信量について徹底解説!
NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスンでどのくらいのデータを消費するのか疑問を抱えている方はいませんか?このページでは、1回のレッスン当たりのデータ通信量について解説していきます。スマホでネイティブキャンプのレッスンを受講する予定の方は要チェックです。

もしWi-Fi環境を使っていないと、すぐにスマホのデータが上限に達して速度制限が引き起こされます。

低速通信では快適にレアジョブ英会話のレッスンを受けることができません。

音声通話であればまだしも、ビデオ通話で受講するならWi-Fiが繋がる場所を探しましょう。

4:文字チャットを使ったレッスンがしにくい…

チャット

オンライン英会話では、音声でのやり取りに加えてチャットを使用するケースが多々あります。

レッスン中のチャットは、講師の話す英語が聞き取れなかった時や教材のURLを送ってもらう時に便利です。

パソコンと比較してみると、スマホアプリ(iPhone・Android)では文字チャットを打ちづらいのがデメリット…。

レアジョブ英会話の講師の顔を見ながら会話を行い、更に文字チャットでやり取りするのは困難ですよ。

レッスン中にチャットを多用する方は、スマートフォンではなくパソコンで受講してください。

スマートフォンでレアジョブ英会話のレッスンを受けている人の口コミや評判まとめ!

スマートフォンでレアジョブ英会話のレッスンを受けている人の口コミや評判

このページでは、スマートフォンでレアジョブ英会話のレッスンを受けている人の口コミや評判の情報をいくつか紹介していきます。

レッスンルームの登場により、意外と快適にスマホでレアジョブ英会話のレッスンを受けている方は多いようです。

iPhoneやAndroidを使っているからといって、通信障害やトラブルが発生する確率が大幅に上がるわけではありません。

※レアジョブ英会話で引き起こされやすい通信障害やトラブルはこちら!

レアジョブ英会話で引き起こされやすい通信障害やトラブルについて徹底解説!
レアジョブ英会話でレッスンを受けていると、通信障害やトラブルが引き起こされるケースがあります。快適にレッスンを受講したい方のために、ここではレアジョブ英会話で通信障害やトラブルが起こった時の正しい対処法についてまとめました。

まとめ

以上のように、レアジョブ英会話ではiPhoneやAndroidなどのスマホでレッスンを受けられます。

パソコンをお持ちでない方でも、スマホアプリで場所を選ばずに英語を勉強できるわけですね。

しかし、「テキストを表示しづらい」「Wi-Fi環境でないとデータ通信量が増える」「文字チャットが打ちづらい」といったデメリットあり…。

これからスマートフォンを使ってレアジョブ英会話を受講する予定の方は十分に注意してください。

レアジョブ英会話の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました