NativeCamp(ネイティブキャンプ)の支払い方法!デビットカードは使える?

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の支払い方法についてまとめてみた

料金の支払い

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)は、レッスン無制限で受講できる珍しいスクールです。

1ヵ月間に5,950円を支払ってプレミアム会員に入会するだけで、1日に何回でもレッスンを受けられますよ。

そこで、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスン料金の支払い方法について疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

オンライン英会話の支払い方法は、下記のようにスクールによって違いがあります。

  • クレジットカードを使った決済
  • 銀行振込
  • PayPal払い
  • コンビニ払い

基本的には先払いのシステムが採用されていますが、後払いが可能な珍しいオンライン英会話も現在では登場しました。

しかし、NativeCamp(ネイティブキャンプ)では残念ながらクレジットカード決済しか選択できません。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のレッスン料金の支払いで使えるクレジットカードのブランドは、次の5種類です。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • AMERICAN EXPRESS(アメックス)

主要ブランドのクレジットカードを持っている方であれば、カード決済でNativeCamp(ネイティブキャンプ)の料金を支払ってオンライン英会話のレッスンを継続できます。

カード登録ができない時は、使用するクレジットカードを変えるかカード発行会社に直接問い合わせてみましょう。

 

NativeCamp(ネイティブキャンプ)でデビットカードは使えるの?

デビットカード

デビットカードとは、銀行預金口座から即時決済が可能なカードです。

クレジットカードと違い、カード会社を通さずにそのまま代金が引き落としされます。

デビットカードの使用でどのようなメリットがあるのか、以下では幾つか挙げてみました。

  • 後日まとめて請求されるわけではないので、予算を超えてしまう心配がない
  • 即時決済で使用額を把握できるため、家計管理が非常に行いやすい
  • 使うと登録のアドレスに利用通知メールが届くため、忘れていた支払いに気付く

クレジットカードとは違った利便性がありますし、審査はかなり緩く設定されていますので、デビットカードを日常生活で使う方は増えていますね。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では、デビットカードを使ってレッスン料金を支払うことも可能です。

しかし、上記でNativeCamp(ネイティブキャンプ)の支払いがクレジットカード決済のみと説明したのは、全てのデビットカードに対応しているわけではないのが大きな理由になっています。

デビットカードの種類によっては、NativeCamp(ネイティブキャンプ)の支払いで登録できません。

スクールに問い合わせて事前に確認する手段はないため、NativeCamp(ネイティブキャンプ)に申し込む時にデビットカードを登録できるのか試してみてください。

 

check-s011

NativeCamp(ネイティブキャンプ)の詳細はこちら

 

おすすめのデビットカードはこれだ!

NativeCamp(ネイティブキャンプ)で使えるのかは分かりませんが、デビットカードの選び方で迷っている方には下記のブランドがおすすめです。

  • ポイント還元率が最大1.5%とお得な「セブン銀行デビット付きキャッシュカード」
  • ゴールドプランやプラチナプランが用意された「Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)」
  • 楽天スーパーポイントを貯められる「楽天銀行デビットカード(JCB)」
  • コンビニATM手数料が1ヵ月で4回まで無料の「みずほJCBデビット」

年会費の有無やポイントの還元率、海外の加盟店数の違いといった点で比較して、自分に合うデビットカードを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました