反転授業を取り入れているオンライン英会話

反転授業が取り入れられているのがオンライン英会話のELTO(エルト)で、少しずつ会員数を伸ばしているスクールとなっています。

通常の英語の学習では、「授業を受ける」⇒「自宅で復習する」というシステムが取り入れられており、オンライン英会話だけではなく他の学習方法でも一緒かもしれません。

一方で、ELTO(エルト)では従来の学習方法を反転させ、「予習して知識を身に付ける」⇒「レッスンを受ける」というカリキュラムが実施されているのです。

ELTO(エルト)の反転学習では、最初に自宅で動画教材を見る形となり、自習によって知識を増やしてからオンライン英会話のライブレッスンに挑みます。

反転学習により、25分間という貴重な時間を知識の習得や記憶などのインプットに当てるのではなく、自分の力で活用するアウトプット主体の授業を受けられるというメリットがあるのです。

動画を使った予習は10分間程度で終わるのでお仕事で忙しいビジネスマンでもスキマ時間に行えますし、英語のスクリプトや日本語訳が付いているので、以下のように個人のレベルに応じて予習方法を変えられます。

英語に自信の無い初心者:英語のスクリプトを確認しながらリスニングしたり音読したりする
それなりに知識を持った中級者:スクリプトを消して動画の会話に続いてシャドーイングするのが最適
英語力を更に上げたい上級者:動画で聞き取れる英文を正確に書き取る

上記のような予習を動画で行った後に、オンライン英会話のレッスンでアウトプットすれば実力を更に伸ばせます。

反転授業は世界のトップクラスの大学も実践しているので、ELTO(エルト)のエルトメソッドに従い、英語力を上げられるように努力してみてください。
 

 
さて、復習を重要視する声が多い中で、ELTO(エルト)のように反転授業を推しているオンライン英会話は少ないはずです。

字幕を付けて英文を見ながらかぶせるように音読する「オーバーラッピング」、英文をリスニングしながら口に出して繰り返す「シャドーイング」、聞こえてくる会話文をライティングする「ディクテーション」を駆使すれば、短期間でも英語脳が鍛えられます。

オンライン英会話のELTO(エルト)では動画を使った予習だけではなく、基礎英会話から医学英語まで幅広いカリキュラムも採用されており、様々なレベルの生徒が学べるのが魅力の一つです。

海外旅行へと出掛ける予定の生徒のためのトラベル英会話もこのスクールでは取り入れられており、道案内や空港でのやり取りといったシチュエーションの英語を学んでいきます。

どのカリキュラムでもインプットとアウトプットを組み合わせた学習は想像以上に効果が高いので、一度実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました