オンライン英会話のLearnist(ラーニスト)

「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4技能が全て学べるクラウド型オンライン英会話ということで、Learnist(ラーニスト)は人気を得ておりました。

スカイプを使用した一般的なオンライン英会話で、英語の総合力を語る上で欠かせないスキルを磨けるからこそ、Learnist(ラーニスト)に入会する生徒が増えたのです。

有名なオンライン英会話というわけではなかったものの、講師とのライブレッスンだけではなく、「毎週水曜日に講師から課題が提出され、その課題の添削が行われる」という新しい学習システムを取り入れておりました。

英文添削ができるスクールは少なく、だからこそLearnist(ラーニスト)を受講することでライティング力を高められたのではないでしょうか。

それに、コースが3段階に分かれているので初心者から上級者まで学べますし、不定期に動画を見ながらリスニング力を高めるトレーニングも実施されておりました。

しかし、今現在ではLearnist(ラーニスト)はサービスを停止しており、専用のホームページも現在では削除されています。

一時期、「サービスの充実を図るために新規会員の募集を見合わせています」という連絡がありました。

恐らく、この時から経営が行き詰っており、在籍する生徒が全く増えないことで潰れてしまったのではないでしょうか。

Learnist(ラーニスト)に限らず、大手のオンライン英会話が強すぎて閉校を止むを得ないスクールは幾つかあります。

Learnist(ラーニスト)ではありませんが、以前に経営者が生徒から支払ってもらった受講料を持ち逃げしたという事件が起こりました。

弱小サービスのオンライン英会話に入会するとこのようなリスクがあり、銀行振込で3ヵ月分のレッスン料金をまとめて支払ったり、大量のポイントを事前に購入したりするのには注意が必要です。

このようなリスクを考慮するのならば、数多くの生徒がレッスンを受けている大手のオンライン英会話に入会し、英語の学習を続けるのがベストかもしれません。

大手のスクールならば潰れる確率は圧倒的に低いですし、万が一閉校に至ったとしても、レッスン料金の返還といった処置は欠かさずに行ってくれるはずです。

当サイトでは、大手で信頼感のあるオンライン英会話のDMM英会話をおすすめしているので、まずは2回の無料体験を受けてどのようなスクールなのか確かめてみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました