NativeCamp(ネイティブキャンプ)がIELTS(アイエルツ)対策に向いている理由を徹底解説!

英語の資格試験のIELTS(アイエルツ)とは?

IELTS(アイエルツ)

英語の資格試験と聞き、TOEICやTOEFLをイメージしている方はいませんか?

英語力の証明手段として2つのテストは日本でも有名ですが、IELTS(アイエルツ)の知名度も徐々に上がっていますよ。

IELTS(アイエルツ)とは「International English Language Testing System」の略称で、英語の熟練度を測る検定の一つです。

イギリス英語圏(イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど)で、語学力を判定する手段として活用されています。

まず最初に、IELTS(アイエルツ)の試験にどのような特徴があるのか簡単に見ていきましょう。

  • ジェネラルテストとアカデミックテストから自分の目的に合う種類の試験を選べる
  • 「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」と全ての英語力が求められる
  • 日常的な会話文から大学の講義のようなアカデミックな内容まで出題される

かなり難しいテストなのですが、海外留学や海外移住を検討しているのであればIELTS(アイエルツ)のスコアアップを目指すべきです。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)がIELTS(アイエルツ)対策に向いている理由を徹底解説!

オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)は、IELTS(アイエルツ)の試験対策に向いています。

独学で勉強に取り組むよりも、オンライン英会話を利用した方が遥かに効果的です。

Twitterの口コミを見てみても、オンライン英会話を受講してIELTS(アイエルツ)のスコアアップを目指している方はたくさんいました。

数多くのスクールの中でも、NativeCamp(ネイティブキャンプ)がIELTS(アイエルツ)対策に向いている理由を詳しく解説していきます。

IELTS(アイエルツ)対策が得意な講師が在籍している

他のオンライン英会話にも当てはまりますが、NativeCamp(ネイティブキャンプ)にはIELTS(アイエルツ)対策が得意な講師が在籍しています。

IELTS(アイエルツ)対策が得意な講師をどうやって見つければ良いのか、具体的な手順を画像付きでまとめてみました。

①NativeCamp(ネイティブキャンプ)の公式サイトにアクセスし、「講師を探す・予約」⇒「講師一覧」とページを進める

講師の探し方

②フリーワードの項目で「IELTS」と入力し、「検索する」のボタンをクリックする

講師の探し方2

③ヒットした講師の中から好きな先生を選んでレッスンを受講する(予約する)

講師の探し方3

何も知識のない先生に教わるよりも、IELTS(アイエルツ)の教育経験や受講経験のある講師を選んだ方が効果的です。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では、IELTS(アイエルツ)の試験対策に特化したカリキュラムやプログラムは用意されていません。

それでも、教育経験のあるNativeCamp(ネイティブキャンプ)の講師と一緒にレッスンを受ければ、ゆっくりとIELTS(アイエルツ)のスコアアップを目指せますよ。

英語の総合力を上げられるカランメソッドを受講できる

カランメソッド

NativeCamp(ネイティブキャンプ)では、英語の総合力を上げられるカランメソッドが採用されています。

カランメソッドはイギリスの語学学校で開発された英語の直接教授法で、通常の学習法の4倍のスピードで習得できるのがメリット!

「カランメソッドとIELTS(アイエルツ)には関係性がないのでは?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のカランメソッドで英語の4技能のスキルがアップすれば、IELTS(アイエルツ)のスコアにも良い影響が出ます。

他のオンライン英会話でもカランメソッドが用意されていますが、NativeCamp(ネイティブキャンプ)で受講した方が良い理由をいくつか見ていきましょう。

  • カラン・オンライン・パートナーシップ・プログラム正式提携校のクオリティの高いレッスンを受けられる
  • ステージを全て終わるとカランメソッドステージ修了証が発行される
  • カランメソッドのレッスンに対応している講師の人数が多い

NativeCamp(ネイティブキャンプ)のカランメソッドは、「カラン対応の講師を探す」⇒「カランレッスンを予約する」⇒「レッスンを受講する」という流れで受けられます。

IELTS(アイエルツ)の試験ではリスニング力やリーディング力、スピーキング力やライティング力が欠かせませんので、NativeCamp(ネイティブキャンプ)のカランメソッドで鍛えてみてください。

1日のレッスンの回数に上限が設定されていない

1日のレッスンの回数に上限が設定されていない

NativeCamp(ネイティブキャンプ)がIELTS(アイエルツ)対策に向いているのは、1日のレッスンの回数に上限が設定されていないからです。

多くのオンライン英会話では、料金プランによって「1日に1レッスンまで」「1日に2レッスンまで」と回数が決められています。

一方でNativeCamp(ネイティブキャンプ)は、1日に10回でも20回でも時間の許す限りOK!

6,480円の月額料金さえ支払っていれば、自分の好きなだけ英語を話したり勉強したりできます。

Twitterの口コミを見てみると、無制限でレッスンを受講できるのがNativeCamp(ネイティブキャンプ)の良いところだと感じている方がたくさんいました。

IELTS(アイエルツ)は難易度の高い英語検定ですので、なるべく短い期間でスコアアップを図りたい方はレッスン無制限のNativeCamp(ネイティブキャンプ)を選びましょう。

まとめ

以上のように、オンライン英会話のNativeCamp(ネイティブキャンプ)はIELTS(アイエルツ)対策に向いているスクールです。

独学でIELTS(アイエルツ)のスコアを上げるのはハードルが高いので、外国人講師と受講できるオンライン英会話が適していますよ。

スクール選びで迷っている方は、NativeCamp(ネイティブキャンプ)の無料体験を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました