オンライン英会話の講師は訛りがあるの?

オンライン英会話に在籍しているフィリピン人講師には訛りがあると言われており、これが唯一のデメリットだと考えている人もいらっしゃいます。

スクール側の事情としてフィリピン人の方がネイティブや日本人よりも人件費を抑えることが可能で、結果として私たち生徒に安い月会費を提供できるのです。

1レッスン当たり100円というオンライン英会話が増えているのはこのフィリピン人を講師として採用していることが大きな理由で、同時にネット上がスクールの場所なので駅前の通学型スクールのように高いテナント料を支払う必要はありません。

いくら安いレッスン料金で受講できたとしても、フィリピン人講師は訛りのある英語を話すことがあるので、正しい発音やニュアンスを学べない可能性があると心得ておくべきです。

しかし、訛りがあるからといって、「フィリピン人の英語は通用しない」「フィリピン人とのレッスンは意味ない」というわけではないので勘違いしないでください。

確かに、英語は話す人によってアクセントやイントネーションが大きく異なり、フィリピン人とアメリカ人を比べれば多少の違いはあります。

同じように本場のネイティブだとしても、イギリス人やオーストラリア人が話す英語にも国特有の訛りがあるため、リスニングする際に違和感を感じるのです。

つまり、関西弁や広島弁、秋田弁など日本語にも訛りがあるように、広範囲で使われている英語の訛りの種類は想像を絶するので、フィリピン人とのレッスンでも全く問題はないと心得ておきましょう。

都会で暮らす人間が地方へと出向き、方言で話されてあまり理解できなかったというケースは十分にあります。

関西弁でも博多弁でも同じ日本語であることには違いないので、フィリピン人が話す英語もアメリカ人が話す英語も一緒というわけです。

「フィリピン人が話す英語は英語じゃないからオンライン英会話は意味ない」と決め付けるのは、非常に失礼なことかもしれません。

それに、本格的に英語学習に取り組もうと考えているのならば、綺麗な発音で話すネイティブだけではなく、様々な国籍の人間が話す英語もリスニングできるように努力するべきです。

「アメリカ人の英語は聞き取れても、訛りのあるイギリス人やフィリピン人の英語は聞き取れない」という人は、当サイトでご紹介しているオンライン英会話のDMM英会話をおすすめします。

DMM英会話には何と60ヶ国の国籍の講師が在籍しており、色々な国の人が話す英語と触れ合うことができるのです。

基本的にはフィリピン人が中心となっているものの、中途半端な講師を採用することはなく、採用後も生徒に素晴らしいレッスンを提供するためにトレーニングを積んでいます。

多少の訛りがあったとしても講師の質は非常に高いので、DMM英会話で英語の学習を続けてみてください。
 

>>> DMM英会話の詳細はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました