e英会話のビジネス英会話コース

e英会話ではビジネスの現場で必要となる英語の学習を行うカリキュラムが取り入れられており、ビジネスマンの方から高い支持を得ています。

しかも、以前と比べてe英会話のビジネス英会話コースはリニューアルされ、更に学習効果が出やすくなりました。

このカリキュラムでは、「主人公の転職」⇒「初勤務」⇒「プレゼンテーション」⇒「電話応対」⇒「出張」⇒「クレーム対応」⇒「Eメールのマナー」といったように、ストーリー仕立ててで学んでいきます。

全てe英会話で開発されたオリジナルテキストを使って学習していきますし、全レベルを学習することで147ユニットにも及ぶ学習量となるのです。

147ユニットもの学習量をこなすには150時間程度必要となるため、数ヶ月ではやりきることはできません。

しかし、e英会話のビジネス英会話コースを受講していれば、確実に無理なくステップアップできますし、全てをやり終える頃にはビジネスの現場で楽に英語を使えるようになっているはずです。

オンライン英会話ということで対話形式のレッスンが実施されますし、リスニング力やスピーキング力の強化にも自然と繋がります。

バラバラにビジネス英語を学習していくのではなく、一貫したテキストで学んでいくからこそ、得られる効果が大きいというわけです。

また、個人の英語レベルに合わせたカリキュラムが設定されているところもe英会話のビジネス英会話コースの特徴で、以下のような流れで学習していきます。

Aレベル(初中級者向け):「履歴書の書き方」⇒「新しい会社について知る」⇒「ミーティング」⇒「電話とFAX」⇒「Eメール」⇒「出張」⇒「問題発生時」

Bレベル(中上級者向け):「仕事の探し方」⇒「誰のために働くのか」⇒「グループプレゼンテーション」⇒「電話のかけかた」⇒「交渉」⇒「取り引き先訪問」⇒「社内の恋愛事情」

Cレベル(中上級者向け):「昇進のチャンス」⇒「マネージャー」⇒「新入社員採用」⇒「会議のプランニング」⇒「コミュニケーション」⇒「出張」⇒「オフィスライフ」

上記のように、個人のレベルに合わせてカリキュラムが構成されており、初級者でも上級者でもビジネス英語に関するスキルを伸ばせるはずです。

ウォ-ムアップクエスチョンを行ったり、新出単語のマッチングテストを実施したりと、工夫してレッスンが進められる点もe英会話のメリットかもしれません。

他のオンライン英会話のビジネス英会話クラスよりも、順を追って学んでいくことができるので、ビジネス英語のスキルを身に付けたい方は是非参加してみてください。
 

 

タイトルとURLをコピーしました