QQ Englishの講師の欠勤

QQ Englishでは講師の欠勤により、当日にレッスンのキャンセルされることがあります。

もちろん、これはQQ Englishに限った話ではなく他のオンライン英会話にも言えることなので、致し方ないかもしれません。

休みたくて欠勤しているのではなく、病気など止むを得ない事情はあります。

そのような講師の欠勤に対してQQ Englishでは生徒へのサポートを行っており、しっかりとポイントが返却されるのです。

教師側の何かしらの都合でレッスンを受けられない場合、今までは消費ポイントの全てが返却されるという形でした。

しかし、ポイントの返却だけでは生徒に申し訳ないということで、QQ Englishでは本来のポイントに上乗せして返却されるようになったのです。

本来のレッスンが始まる12時間前であれば、今まで通り100%のポイント返却だけとなっています。

つまり、50ptsを消費する講師のレッスンを予約していた場合は、欠勤によって返ってくるポイントは50ptsというわけです。

そして、12時間前~1時間前であれば150%の返却、1時間前~であれば200%の返却とQQ Englishではリニューアルされました。

例えば、レッスンの6時間前に50ptsの講師の欠勤で受講できなかった場合は75ptsの返却、レッスンの50分前に100ptsの講師の欠勤で受講できなかった場合は200ptsの返却となります。

このように、QQ Englishでは生徒がより良く英会話のレッスンを受けられるようなシステムを取り入れているので、安心して学習を続けられるはずです。
 

 
さて、講師の欠勤によってレッスンを受講できなかった時は、上記のようなルールでポイントの返却が行われます。

しかし、「どうしてもこの時間帯にレッスンを受けたかったのに」と考える生徒はいらっしゃるはずです。

そのような生徒のために、QQ Englishでは代わりの教師と受講できるように代行講師を用意してくれます。

個人の判断で、「ポイントを返却する」「代わりの講師のレッスンを受ける」という2種類から選択でき、代替教師で受講できた場合は当然のようにポイントの返却は行われません。

ただし、代替教師を自分で選択することはできず、QQ Englishの事務局に任せる形となり、その講師をキャンセルする場合は通常のルールに従う形となります。

つまり、「あまり好きではない講師とレッスンを受けることになってしまった」というケースは十分に考えられるので、これが嫌なのであれば最初にポイントの返却を申し出るようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました