在宅のオンライン英会話

専属の講師が自宅からレッスンを配信する在宅タイプのオンライン英会話が現状では増えています。

スクールによっては3,000人を超える講師が在籍しており、全ての講師を一つの場所に集めて生徒へとレッスンを提供させるのには少々無理があるはずです。

1日に3,000人が在籍しているわけではなく、1,000人程度だったとしてもかなり難しいかもしれません。

そのため、オンライン英会話の中には在宅タイプのスクールがあり、講師それぞれが自分の家からレッスンを配信しているのです。

ただし、在宅タイプのオンライン英会話の場合、講師のパソコンやインターネット回線のスペックが脆弱で、回線が不安定になりやすいというデメリットがあります。

特に、オンライン英会話の多くは格安の料金を生徒に提供するためにフィリピン人を採用しており、フィリピンでは日本と違ってインフラが整っていないので、台風といった気候の変化でスカイプとの回線が繋がらないというトラブルがあるのです。

それに、事務局側の指導が行き届いておらず、レッスンに力の入っていない講師も多々いらっしゃるという噂も流れているので、在宅タイプのオンライン英会話に入会する場合は十分に注意した方が良いでしょう。

とは言え、当サイトでご紹介しているレアジョブは在宅タイプのスクールですが、講師への研修はしっかりと行き届いています。

最新の光回線を使ってレッスンを配信している講師も増えたため、実際に無料体験でレアジョブのレッスンの質を確かめてみてください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 
さて、「絶対にレッスン中にトラブルが引き起こされないオンライン英会話で受講したい」という生徒は、在宅タイプのスクールではなくオフィス勤務のスクールを選択するべきです。

講師がオフィスやチューターセンターに集められ、同じ場所から提供しているオンライン英会話であれば、トラブルが引き起こされる確率を少しでも下げられます。

もちろん、インターネット回線を使ってレッスンを配信している点では一緒なので、100%トラブルが引き起こされないというわけではありません。

それでも、快適に受講しやすい環境なのは間違いないため、レッスンのクオリティを重視したいという生徒には、オフィスタイプのスクールが実に適しています。

その代表的なオンライン英会話は、レアジョブと同じように大手のラングリッチです。

ラングリッチの講師は一つのオフィスに集まって生徒に対してレッスンを提供しており、講師の採用にも気を配っているスクールなので、一度無料体験を受けてみてください。
 

 

タイトルとURLをコピーしました