ベストティーチャー(Best Teacher)と添削

ベストティーチャー(Best Teacher)では、英語日記やビジネスメール、英文履歴書を添削してもらうようなレッスンが取り入れられています。

一般的なオンライン英会話の場合は、決まった話題についてフリートークを行ったり、テキストに沿って文法を学んだりするだけかもしれません。

その点、ベストティーチャー(Best Teacher)では英文添削のレッスンも採用されており、ライティング力のアップに繋がるというわけです。

TOEFLのテストではTOEICとは異なり、ライティング力やスピーキング力など、英語の4つの技能を総合的に上げなければ高得点が出せないようになっています。

そこで、英文添削のレッスンも同時に実施されているベストティーチャー(Best Teacher)は、TOEFL対策に最適なスクールだと考えられているのです。

自分で毎日書いている英語の日記でも、就職活動で使用する英文の履歴書でも自由にレッスンの中で添削してもらうことができます。

同時に、毎回のレッスンの中で新しい英単語やフレーズを学習できるため、自然と英語力が向上しても不思議ではないでしょう。

下記では、英文日記や英文履歴書を添削する際に登場する単語やフレーズを記載しているので、一度確認してみてください。

<英単語>
・日記をつける⇒「keep a diary」
・啓発⇒「enlightenment」
・満足感⇒「fulfillment」
・現実性⇒「reality」
・下書きを作成する⇒「draft」
・評価する⇒「evaluate」
・管理する⇒「manage」
・意見を聞く⇒「consult」

<フレーズ>
・私は10ヶ月間英語で日記を書いています。⇒「I’ve kept a diary in English for ten months.」
・新規プロジェクト提案書の下書きを作成する。⇒「I drafted a proposal for a new project.」
・新製品の性能を評価しました。⇒「I evaluated the performance of new products.」
・私は幸せで裕福で素敵な家族もいます。⇒「I’m happy and rich and have a beautiful family.」
・20名のスタッフを管理しました。⇒「I managed a team of 20 staff personnel.」

上記のような単語やフレーズを習得しながら、自分で作成した英文を講師に添削してもらうことができます。

レッスンの内容に関してはベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトで詳しく記載されているので、有料会員に登録する前に覗いてみましょう。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました