ベストティーチャー(Best Teacher)とTOEFL

オンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)では通常のコースだけではなく、「TOEFL iBT対策コース」といった専用のカリキュラムが取り入れられています。

その名の通り、「TOEFL iBT対策コース」は資格試験のTOEFLのスコアアップを目指すためのカリキュラムで、「英語4技能資格・検定試験」対策コースの第一弾としてリリースされました。

日本人が英語を話せるようにならないのは、英語力において欠かせない4技能の測定を行ってこなかったからだとベストティーチャー(Best Teacher)では考えています。

その失敗を踏まえ、「TOEFL iBT対策コース」では「TOEFLテストスピーキング問題」や「TOEFLテストライティング問題」を元にしたレッスンが実施されているのです。

「読み」「書き」「聞く」「話す」という4技能を総合的にアップさせられるので、このスクールで学習していれば高得点を叩き出せるのではないでしょうか。

「TOEFL iBT対策コース」を2ヶ月間に渡って受講した場合、通学型スクールでは約13万円、海外の語学学校に留学する場合は30万円という大きな費用が必要となります。

その点、ベストティーチャー(Best Teacher)では32,400円という格安の費用で済ませられるので、多くの生徒から高い評価を得ているのです。

「新規会員登録を行う」⇒「TOEFL iBT対策コースを選択する」という簡単な流れでこのカリキュラムを指定できるので、まずはベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトにアクセスしてみてください。
 

>>> ベストティーチャー(Best Teacher)の詳細はこちら

 
さて、ベストティーチャー(Best Teacher)で実施されている「TOEFL iBT対策コース」は、「資格試験のスコアを上げたい」「海外の大学に進学したい」「海外のMBAに留学したい」という方に適しています。

1ヶ月16,200円という費用を支払うことにより、WritingレッスンとSkypeレッスンが無制限に受講できるのです。

上記でご説明した教材の「TOEFLテストスピーキング問題」や「TOEFLテストライティング問題」を自費で購入すれば、更に英語力を高められるのではないでしょうか。

また、ベストティーチャー(Best Teacher)の公式サイトでは、スピーキング対策やライティング対策としてどのような学習を行えば良いのか丁寧に説明されています。

「スピーキングセクションの形式と設問パターンを知る」「沈黙しないようにレッスンを受ける」などコツが詳しく説明されており、TOEFLスピーキング対策に欠かせないトレーニング方法も参考になるはずです。

オンライン英会話のレッスンに加え、自主的な学習を組み合わせてレベルアップを図ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました