ラングリッチで無断欠席すると?

「ラングリッチのレッスンを無断欠席するとどうなるの?」という疑問を抱えている生徒の方はいらっしゃいます。

確かに、レッスンを予約していたのを忘れてしまったり、キャンセル処理ができなかったりという理由で受講できないケースはあるはずです。

しかし、原則的には無断欠席してもペナルティを受けることはなく、自分が1レッスン分を損する形だけとなっています。

もし、ラングリッチのリッチプランに入会している場合、1日に1回のレッスンを受ける形となり、授業を無断欠席すればその日はもう受講することができません。

1日に1回のレッスンを30日間に渡って受ける形となり、1ヶ月間で30回のレッスンを自由に振り分けられるわけではないので、これは当然です。

そのため、1回でもレッスンを無駄にしたくないと考えているのであれば、無断欠席せずに受けられないと思ったら早めにレッスンをキャンセルしましょう。

ラングリッチでは授業が始まる1時間前までであればレッスンのキャンセルが可能で、キャンセルした後は再度別の時間帯で予約できるようになっています。

つまり、レッスンが始まる30分前に予約を行った場合はキャンセルできず、キャンセル処理を行っても1レッスンを受けたという扱いになるので注意が必要です。

レッスンの予約やキャンセルに関する詳しい情報はラングリッチの公式サイトの「よくある質問」の中にも記載されているので、入会する前にきちんと確認しておいてください。
 

check-s011

ラングリッチの詳細はこちら

 
さて、これはラングリッチに限った話ではないかもしれませんが、このスクールでは生徒に満足できるレッスンを提供するために、人数に合わせて講師のスケジュール調整を行っています。

ラングリッチでは朝の5時から深夜の1時までと受講可能時間が幅広く、生徒の要望に合わせて講師を全ての時間帯に配備しなければならないのです。

そのため、レッスンを予約してキャンセルせずに無断欠席をしていると、スクールに在籍している講師だけではなく他の生徒にも迷惑がかかります。

他の生徒の予約機会を奪う形となっても不思議ではないので、無断欠席による特別なペナルティーはなくても、運営側があまりにも悪質だと判断した場合は数日間の予約を停止するといった対処を行うケースがあるので注意が必要です。

自分だけではなく多くの生徒がラングリッチで英語のレッスンを受けているため、常識のある人間であれば迷惑がかからないようにしなければと考えるのではないでしょうか。

「予約は授業が始まる15分前まで可能」「キャンセルは授業が始まる60分前まで可能」と利用しやすいオンライン英会話なので、あらかじめ決められた規定を守るようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました