レアジョブのデメリット

このページでは、レアジョブのデメリットについても詳しく記載しています。

どのスクールにもメリットとデメリットがあるはずなので、両方の視点で比較を行い、自分に合ったオンライン英会話を見つけてみてください。

 

在籍しているフィリピン人講師に訛りがある

レアジョブに在籍している講師は全てフィリピン人で、人によっては訛りが酷いというデメリットがあります。

生粋のAmericanと比べると訛りがあるため、発音矯正をしたいという人にはあまりおすすめできません。

とは言え、普段からタガログ語と英語の両方を話しているフィリピン人に訛りがあるのは仕方のないことですし、これは私たち日本人でも地方によって方言があるのと一緒です。

それに、訛りがあるとは言え、英語初心者の日本人よりかは圧倒的に英語らしい英語なので、自分が対等の立場に立てるまで上達してからその先を考えれば良いのではないでしょうか。

また、「少しでも訛りのない講師と一緒にレッスンを受けたい」という生徒のために、レアジョブでは自己紹介の音声ファイルをサイトで聞くことができます。

発音を気に掛ける生徒への回避策があるのはありがたいですし、アメリカのコールセンターの仕事をしている講師も多いため、実力に関しては差ほど気にならないはずです。

 

同じ先生を繰り返し予約できない

レアジョブは講師担任制のスクールではなく、毎回レッスンを受ける前に予約するシステムが取り入れられています。

予約は次の分しか取れないということで、お気に入りの先生がいても繰り返し予約できないというデメリットがあるのです。

もちろん、講師のスケジュールに空きがあれば予約可能ですが、人気講師から抑えられるため、毎日同じ先生と勉強するのは現実的ではないかもしれません。

人気のない講師であれば毎回予約できるかもしれませんが、レッスンの手を抜くような人もいるので注意が必要です。

英会話をするには簡単で良いとしても、机上の文法を勉強するにはあまり向いていないと心得ておいた方が良いでしょう。

 

フィリピンのサーバーが不安定

フィリピンのサーバーが不安定ということで、台風がフィリピンで頻発する時期はレアジョブでのレッスン中に繋がりにくくなるというデメリットがあります。

「これはオンライン英会話だから仕方がないのでは」と思うかもしれませんが、講師が自宅でレッスンを提供しているレアジョブではその影響が顕著にあらわれやすいのです。

そのため、時期によってはスカイプ(Skype)の回線の不安定によって音声にノイズが混じったり、レッスン自体が中断したりというケースもあるのでその点は心得ておかなければなりません。

しかし、サーバーダウンといった理由でレッスンが受けられなかった場合、レアジョブ側で振替レッスンを用意してくれるので生徒が損をすることはないので安心してください。
 

check-s011

レアジョブの詳細はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました